大腸内視鏡マスター

大腸の内視鏡検査について調べました

大腸内視鏡の有効性に関して

がんは死にいたる怖い病気ですが、昔に比べると生存率はかなり上がっています。手術や抗がん剤の進歩はもちろん、やはり一番大きいのは検査技術の向上ではないでしょうか。がん検査の中には苦痛を伴う検査がありますが、それを嫌って病院に行かない人が大勢います。しかし、近年は革命的な変化がもたらされています。代表例が内視鏡で、カメラが小さくなり管も細くなっています。麻酔の効果も高いですし、苦痛に顔を歪めることはありません。肺、胃、大腸…日本人に多い三大がんですが、中でも急速に増えているのが大腸がんのようです。食生活の欧米化が要因ですが、早期に発見すれば、かなりの確率で治癒が可能です。また、例えがんが発見されても内視鏡で除去が出来る場合もあります。過信をせずに、40歳を過ぎたら年に一度は必ず検診を受けて欲しいです。

大腸検査で内視鏡を受ける

大腸は、大変重要な役割を持つ人間にとって大切です。働きが悪くなると便やガスが溜まり苦しくなったりします。病気になりますので注意が必要です。便秘やガスの量が増えた、ガスの臭いがキツイ、お腹が張る、便の時に血が出るなどという症状がある場合には大腸検査で内視鏡をお勧めします。検査方法は局部麻酔や全身麻酔などで痛みをなくしますので心配はいりません。少しずつカメラを入れていき様子を見ていきます。何もなかったら安心しますので年に1度ぐらいの検査をされてみる事も必要です。また、腸が綺麗になる事も良いです。検査の前に薬等により腸の中を綺麗にします。何かの病気や重いガンなどの早期発見にも繋がります。少しでも体調に変化があり苦しい日々を過ごす事があるなら検査して安心しましょう。病気の治療は早い方が良いですので早期発見に努める事は良いです。

大腸の疾患を内視鏡で見つけること。

近年食生活の変化等が原因となり大腸の疾患が増えてきています。中でも癌は急激に発生数が増えているので、少なくとも年に一回は検診を受ける事をお勧めします。検診の結果、要再検となった場合は速やかに専門医を受診し、精密検査である内視鏡を受ける事になります。内視鏡を行えばその場で病変部位を確認する事ができ、ポリープや潰瘍あるいは悪性のものの様に境界の不明瞭な腫瘍の有無等が判別されます。そしてもし悪性の可能性があると判断された場合は、確定診断の為の細胞診を行う事も出来ますし、小さなポリープの場合はレーザーで治療する事も可能です。検査そのものは以前に比べてかなり苦痛は軽減されていますし、所要時間も短時間で済む様になってきています。又検査の前処置も下剤が改良され飲みやすくなってきているので、不安材料は少なくなってきています。

他の臓器よりも疾患の種類が多い胃腸に対し、疾患ごとの高い技術と豊富な治療の実績をもっている病院です。 対象エリアは関東地方を中心としており、胃腸の病気に関する高い技術と上質な医療を提供している病院です。 当院は各種点滴療法も行っており、お肌の悩みや慢性的な疲れ、全身倦怠感に見合った療法をご用意してございます。 経験を積んだ内視鏡技術と軽い鎮静剤により、無痛で楽な内視鏡検査を行っております。 大腸内視鏡の日帰り手術を行っております