大腸内視鏡マスター

大腸の内視鏡検査について調べました

大腸の内視鏡検査を受けよう!

急な気温の変化は、体調に狂いを生じさせてしまいます。私も経験がありますが、猛暑で水分を過剰に摂取して下痢に苦しんだことがあります。このように原因が分かる場合は構いませんが、長期間続く下痢には注意が必要です。そしてこれは、頑固な便秘も同様です。内蔵に異常が表れている証拠で、早急に内視鏡検査を受ける必要があります。内視鏡検査と言えば胃カメラが有名ですが、近年は大腸も進化を遂げています。検査自体の時間も短くなりましたし、何よりカメラの性能が良くなりました。医師と会話をしながら検査が出来ますし、気になる点は質問することが可能です。日本人には大腸がんが増えていますが、五年生存率は決して悪くありません。根底には、検査技術の向上と内視鏡の発展があります。発見が遅れると厳しい病気ですが、定期的な検査をすれば恐れることはありません。

男性罹患率1位・大腸癌を未然に防ぐ「内視鏡検査」

国内では年間8万人以上が罹患すると言われている大腸癌。日本人男性が罹患する癌として大腸癌は胃がんを抜きトップになりました。大腸癌は他の癌と比較しても、進行のスピードが遅いと言われています。とはいえ、発見は早いに越したことはありません。大腸癌を検査するのに内視鏡検査はとても有効です。肛門へ高性能カメラがついたチューブを挿入し大腸・小腸をチェックをするというもの。お尻からカメラを入れると聞くと、かなり痛みがあるのではと心配になりますが、病院によっては無痛内視鏡検査もあります。検査時間も施設によっては5分で終わるところもあり、体への負担も少なく済みます。この検査では大腸癌の診断以外にも、大腸ポリープや炎症性腸疾患などが分かるので、もしポリープが発見されても良性のうちに切除してしまえば癌を未然に防ぐことができます。

大腸がんは内視鏡検査で早期発見を

大腸がんは、内視鏡検査で早期発見をしておくのが望ましいです。早いうちに発見ができれば、すぐに切除して被害を最小限に食い止めることができるからです。がんは早期発見早期治療ができるなら、それほど恐ろしいものではありません。大腸を内視鏡で調べる際には、さまざまな方法があります。基本的なものとしては、肛門から極小のカメラを挿入するというものがありますが、他にもカプセルを使った方法なども利用できる病院があります。どういった症状を検査するのかによって、適切な検査の方法も変わるのが当たり前ですから、医師と相談の上で、最適なものを選択していく必要があります。痛みはそれほどひどいものでもないですから、恐れずに検査に臨めます。近年はカメラの精度もアップしているので、小さながんでも容易に発見することができ、命が助かるケースが増えてきています。